確定申告の節税テクニックや知っておきたいことのまとめ

医療費控除は過去5年間まで確定申告できる。領収書やレシートを大切に保管しよう


  follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加



influenza

 

 

医療費控除は過去5年間まで申告できる

 

医療費控除は前記事でも書きましたが、
医療費確定の申告は前年度の1月1日〜12月31日までの1年間にかかった医療費が対象となる。

 

しかし、10万円を超えて医療費がかかっていても、うっかり申告するのを忘れてしまう人もいるかもしれない。
でも、大丈夫です!

 

医療費控除の申告するのを忘れていても、過去5年以内なら税務署に医療費控除の申告ができるんです。
医療費控除をすると所得税も軽減でき、翌年の住民税も安くなる可能性もあるので必ず申告しよう。

 

 

 

レシートや領収書が必要

 

あらゆる医療費関連の領収書をとっておこう。

 

医療費控除の申告をするためには、医療機関や調剤薬局での領収書、市販薬を購入した時のレシートや領収書が必要になる。
うっかり捨ててしまうと、その分を合算することができず損してしまうので気をつけてほしい。

 

 

ただし、医療費控除には対象になるもの、ならないものがあるので注意しよう。

 

市販の風邪薬や医師の処方による薬、レーシック手術代などは医療費控除の対象になる。

 

 

一方、風邪予防のうがい薬やマスク、インフルエンザ予防接種などは対象にならない。

 

年間の医療費の合計額が10万円を超えそうにないときでも、年末までに何が起こるかわからないもの。
捨てなければよかった・・・と後から後悔することのないように、領収書やレシートは大切に保管しておこう。

 

 

 

領収書やレシートをなくさないために

 

あらかじめ家族に、領収書を捨てないように頼んでおいて領収書の保管場所を決めておくといいでしょう。
医療費控除は、生計を同じくする家族全員分を合算できるので。

 

リビングあたりに専用の箱を用意しておくなど、領収書やレシートをなくさない工夫をしてみてはいかがでしょうか。


  follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加




Sponsored Link

関連記事

副業収入が20万円以下でも得するケースも
確定申告で節税できる可能性は山ほどある。 確定申告を賢く利用して税金を取り戻そう!
副業ってどこからどこまでなのか
確定申告で節税できる可能性は山ほどある。 確定申告を賢く利用して税金を取り戻そう!
「経費」はどこからどこまで認められるか?資格取得費や図書費、授業料もOK
資格取得費や図書費、専門学校の授業料も「経費」に。特定支出控除で税金を取り戻そう。
「特定支出控除」はどこからどこまでOKなのか?スーツ代などの衣服費でも税金を取り戻せる
スーツ代を「経費」に!特定支出控除で税金を取り戻そう。
サラリーマンが確定申告を「しないといけないこと」「したほうがいいこと」
サラリーマンが確定申告を「しないといけないこと」「したほうがいいこと」をまとめてみました
副業がバレたくないなら「雑所得」で申告した方が無難
確定申告で節税できる可能性は山ほどある。 確定申告を賢く利用して税金を取り戻そう!
青色申告が簡単に作れる「freee」がすごい!料金は980円と安いのに高性能!
確定申告で節税できる可能性は山ほどある。 確定申告を賢く利用して税金を取り戻そう!
副業にかかった経費はどこからどこまで?交通費、通信費が認められやすい
確定申告で節税できる可能性は山ほどある。 確定申告を賢く利用して税金を取り戻そう!
医療費控除は家族分をまとめて申告できる。どこからどこまでOKなのか?
確定申告で節税できる可能性は山ほどある。 確定申告を賢く利用して税金を取り戻そう!
医療費控除はどこからどこまで対象?通院費やマッサージ、薬代もOK
確定申告で節税できる可能性は山ほどある。 確定申告を賢く利用して税金を取り戻そう!
医療費控除の申告は支払通知書だけでは認められない。必ず領収書をもらうこと
確定申告で節税できる可能性は山ほどある。 確定申告を賢く利用して税金を取り戻そう!
医療費控除はどこからどこまで認められるのか。市販の風邪薬や急病時のタクシー代はOK
確定申告で節税できる可能性は山ほどある。 確定申告を賢く利用して税金を取り戻そう!
医療費控除の対象外項目はどこからどこまで?レーシック手術やインプラントはOKになることも
確定申告で節税できる可能性は山ほどある。 確定申告を賢く利用して税金を取り戻そう!
年末調整で給与が増えて喜んでいいの?もっと税金を取り戻せる可能性が大です
確定申告で節税できる可能性は山ほどある。 確定申告を賢く利用して税金を取り戻そう!
会社を辞めるならいつからいつまでがいい?時期とタイミングを選ぶべきです
確定申告で節税できる可能性は山ほどある。 確定申告を賢く利用して税金を取り戻そう!
医療費控除はグレーゾーンが多い。だからこそ自分でやった方が絶対にいいです
確定申告で節税できる可能性は山ほどある。 確定申告を賢く利用して税金を取り戻そう!
共働きなら年間医療費10万円以下でも控除が受けられる可能性がある
確定申告で節税できる可能性は山ほどある。 確定申告を賢く利用して税金を取り戻そう!
肩こりや糖尿病、神経痛など療養ための温泉なら医療費控除の対象になる
確定申告で節税できる可能性は山ほどある。 確定申告を賢く利用して税金を取り戻そう!
タバコをやめられない人は節税のためと思って禁煙治療に取り組んでみませんか?EDや脱毛症治療も医療費控除の対象に?
確定申告で節税できる可能性は山ほどある。 確定申告を賢く利用して税金を取り戻そう!
ドラッグストアやコンビニで買う市販薬は治療のためなら医療費控除の対象に。栄養ドリンクやサプリもOK!?
確定申告で節税できる可能性は山ほどある。 確定申告を賢く利用して税金を取り戻そう!
治療のためならマッサージやスポーツジムも医療費控除の対象になる
確定申告で節税できる可能性は山ほどある。 確定申告を賢く利用して税金を取り戻そう!
医療費控除は節税対策のド定番。これを知らないともったいない裏ワザ5選
確定申告で節税できる可能性は山ほどある。 確定申告を賢く利用して税金を取り戻そう!
家族で年間の医療費が10万円以上かかったら医療費控除で取り戻そう
確定申告で節税できる可能性は山ほどある。 確定申告を賢く利用して税金を取り戻そう!
医療費控除の確定申告をする時は家族でもっとも所得が多い人が申告した方がいい
確定申告で節税できる可能性は山ほどある。 確定申告を賢く利用して税金を取り戻そう!

ホーム プロフィール 旅行 仮想通貨 確定申告