確定申告の節税テクニックや知っておきたいことのまとめ

医療費控除は家族分をまとめて申告できる。どこからどこまでOKなのか?


  follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加



kakuteisinkoku

 

サラリーマンの確定申告の中で、もっとも利用頻度が高いのが「医療費控除」の申告ではないでしょうか?

 

医療費控除とは、納税者自身を含め、「生計を一にする配偶者やその他の親族」の使った1年間の医療費が10万円を超えた場合、その超えた分を最大200万円まで課税所得から差し引いてもらえる制度。

 

「生計を一にする配偶者やその他の親族」ってどこからどこまでOKなのか?

同居している配偶者や家族だけではなく、仕送りしている学生の子どもや生活の面倒を見ている故郷の親など、生活費の面倒を見ている家族の医療費ならOK。

 

年間の医療費10万円を超えるために、家族の中の誰かがまとめて医療費を負担したことにしてもOK。

 

たとえば、共働き世帯の場合、夫の医療費を妻の所得から控除することもできる。

 

 

年間の医療費20万円で1〜3万ほど戻ってくる

 

大きな病気をして多額の医療費を自己負担したり、扶養者がたくさんいて医療費の支払いがかさむ人にとって、年間の医療費が10万円どころか20万円、30万円かかることは珍しくない。

 

控除される額の計算式は、次のとおり。

 

1年間に支払った医療費−保険金などの受取金額−10万円=医療費控除

 

 

ただし、その年の総所得金額が200万円未満の人は総所得金額の5%を超えた分が控除されるので、よりハードルが下がる。

 

また、控除の対象になる医療費はあくまで自己負担分だけ。
加入している健康保険組合から給付金や、民間の医療保険、生命保険から支給された保険金は差し引かれる。

 

 

kakuteisinkoku

 

では、年収500万円のサラリーマンで、実際どれくらい戻ってくるのか。

 

この世帯が年間20万円の医療費を使った場合、医療費控除は10万円となり、所得税約5,100円、住民税約1万円の還付を受けることができる。

 

仮に30万円の医療費を使っていたら、還付金は所得税と住民税を合わせて約3万円に跳ね上がる。

 

 

もし年収700万円の場合、医療費20万円で約2万円、同30万円だったら約4万円が戻ってくる。

 

年収が高いほど還付金の額も大きくなるので、たかが医療費と軽く見てはいけない。

 

 

 

freeeサポートデスクに相談しよう

 

freee

 

いつもお世話になっているfreeeには、「サポートデスク」という機能がある。

 

医療費控除や経費など確定申告でお困りのことがあったら、freeeサポートデスクに相談してみることをおすすめします。

 

サポートデスクには、チャットやメール、電話のいずれかを利用できるが、自分はいつもチャットで質問させてもらっている。
すぐに丁寧な回答が返ってきてくれるので、非常に助かっています。

 

本当にとてもいいサービスです。
登録無料ですので、ぜひ使ってみてください。

 

無料から使える会計ソフト「freee(フリー)」


  follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加




Sponsored Link

関連記事

副業収入が20万円以下でも得するケースも
確定申告で節税できる可能性は山ほどある。 確定申告を賢く利用して税金を取り戻そう!
副業ってどこからどこまでなのか
確定申告で節税できる可能性は山ほどある。 確定申告を賢く利用して税金を取り戻そう!
「経費」はどこからどこまで認められるか?資格取得費や図書費、授業料もOK
資格取得費や図書費、専門学校の授業料も「経費」に。特定支出控除で税金を取り戻そう。
「特定支出控除」はどこからどこまでOKなのか?スーツ代などの衣服費でも税金を取り戻せる
スーツ代を「経費」に!特定支出控除で税金を取り戻そう。
サラリーマンが確定申告を「しないといけないこと」「したほうがいいこと」
サラリーマンが確定申告を「しないといけないこと」「したほうがいいこと」をまとめてみました
副業がバレたくないなら「雑所得」で申告した方が無難
確定申告で節税できる可能性は山ほどある。 確定申告を賢く利用して税金を取り戻そう!
青色申告が簡単に作れる「freee」がすごい!料金は980円と安いのに高性能!
確定申告で節税できる可能性は山ほどある。 確定申告を賢く利用して税金を取り戻そう!
副業にかかった経費はどこからどこまで?交通費、通信費が認められやすい
確定申告で節税できる可能性は山ほどある。 確定申告を賢く利用して税金を取り戻そう!
医療費控除はどこからどこまで対象?通院費やマッサージ、薬代もOK
確定申告で節税できる可能性は山ほどある。 確定申告を賢く利用して税金を取り戻そう!
医療費控除の申告は支払通知書だけでは認められない。必ず領収書をもらうこと
確定申告で節税できる可能性は山ほどある。 確定申告を賢く利用して税金を取り戻そう!
医療費控除はどこからどこまで認められるのか。市販の風邪薬や急病時のタクシー代はOK
確定申告で節税できる可能性は山ほどある。 確定申告を賢く利用して税金を取り戻そう!
医療費控除の対象外項目はどこからどこまで?レーシック手術やインプラントはOKになることも
確定申告で節税できる可能性は山ほどある。 確定申告を賢く利用して税金を取り戻そう!
年末調整で給与が増えて喜んでいいの?もっと税金を取り戻せる可能性が大です
確定申告で節税できる可能性は山ほどある。 確定申告を賢く利用して税金を取り戻そう!
会社を辞めるならいつからいつまでがいい?時期とタイミングを選ぶべきです
確定申告で節税できる可能性は山ほどある。 確定申告を賢く利用して税金を取り戻そう!
医療費控除はグレーゾーンが多い。だからこそ自分でやった方が絶対にいいです
確定申告で節税できる可能性は山ほどある。 確定申告を賢く利用して税金を取り戻そう!
共働きなら年間医療費10万円以下でも控除が受けられる可能性がある
確定申告で節税できる可能性は山ほどある。 確定申告を賢く利用して税金を取り戻そう!
肩こりや糖尿病、神経痛など療養ための温泉なら医療費控除の対象になる
確定申告で節税できる可能性は山ほどある。 確定申告を賢く利用して税金を取り戻そう!
タバコをやめられない人は節税のためと思って禁煙治療に取り組んでみませんか?EDや脱毛症治療も医療費控除の対象に?
確定申告で節税できる可能性は山ほどある。 確定申告を賢く利用して税金を取り戻そう!
ドラッグストアやコンビニで買う市販薬は治療のためなら医療費控除の対象に。栄養ドリンクやサプリもOK!?
確定申告で節税できる可能性は山ほどある。 確定申告を賢く利用して税金を取り戻そう!
治療のためならマッサージやスポーツジムも医療費控除の対象になる
確定申告で節税できる可能性は山ほどある。 確定申告を賢く利用して税金を取り戻そう!
医療費控除は節税対策のド定番。これを知らないともったいない裏ワザ5選
確定申告で節税できる可能性は山ほどある。 確定申告を賢く利用して税金を取り戻そう!
家族で年間の医療費が10万円以上かかったら医療費控除で取り戻そう
確定申告で節税できる可能性は山ほどある。 確定申告を賢く利用して税金を取り戻そう!
医療費控除の確定申告をする時は家族でもっとも所得が多い人が申告した方がいい
確定申告で節税できる可能性は山ほどある。 確定申告を賢く利用して税金を取り戻そう!
医療費控除は過去5年間まで確定申告できる。領収書やレシートを大切に保管しよう
確定申告で節税できる可能性は山ほどある。 確定申告を賢く利用して税金を取り戻そう!

ホーム プロフィール 旅行 仮想通貨 確定申告