北海道 小樽「若鶏時代なると」の感想

北海道 小樽「若鶏時代なると」本店でランチ


  follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加



前回の記事「北海道 小樽に行きました」の続きです。

 

 

小樽駅周辺や小樽運河を散策して、ちょうど昼飯時にさしかかり、小腹が空いてきたところでランチに行きました。

 

ランチは、昭和40年以来、小樽っ子に愛され続ける
若鶏時代なると」にしました。

 

otaru

 

otaru

 

「若鶏時代なると」は、第5回からあげグランプリ(素揚げ・半身揚げ部門)で5年連続金賞を受賞されたそうです。

 

 

小樽駅から徒歩5分といった所でしょうか。
流石は繁盛店、店内は満席でした。

 

今回注文したのは、若鶏定食1,100円。
若鶏半身単品でも注文できます。単品950円。

 

 

15〜20分ほど待つと・・・

 

きた〜っ!
これが噂の「若鶏時代なると」の半身揚げ!
otaru

 

味はだいたい想像できると思うのですが。(笑)

 

外はパリッと中はもっちりジューシー!

 

皮パリパリっ!
足はジュ〜〜シ〜
胸はあっさりホクホク〜

 

旨い!この一言に尽きる!
ボリュームも十分以上で文句なし!
大満足ーーー^^

 

 

小樽といえば、観光客的には「寿司」のイメージが強いと思いますが、
お肉好きな人なら、「若鶏時代なると」まじでお勧めです!

 

肉本来の旨味を生かした薄い味付けが私にとって最高でした。
しかも値段もお手頃で良かったし。

 

また何度も来たくなるお店です。
「若鶏時代なると」さん、ごちそうさまでした〜♪

 


  follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加




Sponsored Link


ホーム プロフィール 旅行 仮想通貨 確定申告