北海道・知床の体験談・レビュー

北海道が誇る世界自然遺産「知床」


  follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加



 

ご縁があってよく北海道に行ってます。
北海道の夏は涼しく、とてもすごしやすく、自然も豊かで日差しも高く、本当に緑美しい北海道の魅力満載です。

 

ところで、みなさまは、北海道にある世界遺産をご存知でしょうか?
ヒントは、北海道の東端にあるオホーツク海に面した「とある半島」と、その沿岸部!

 

正解は、北海道を代表する世界遺産「知床」です!

 

shiretoko
(出典:shiretoko.asia)

 

 

知床は、北海道民にとっても名前は知っていても、行ったことがある人とない人がはっきりと分かれてしまう有名な観光名所です。
なぜ、北海道にあるのに、道民の中でも行くか行かないかがはっきり分かれてしまうのでしょうか?

 

それは、知床の位置が原因と言われています。

 

知床は、北海道の中心部から離れた東の方にあります。

 

仮に、新千歳空港から高速道路を利用して知床まで向かうとすると、所要時間は約7時間かかります。
(しかもこの時間に途中休憩の時間は含まれていません。)

 

 

また、高速料金は、道央道千歳ICから比布ジャンクションまでが4850円(普通車の場合)なので、往復高速料金だけで約1万円かかります。
(比布ジャンクションから丸瀬布ICの間は無料高速道路があります。)

 

これに加えて、ガソリン代やレンタカー代等がかかります。

 

 

北海道には、札幌・小樽・旭川・函館等、新千歳空港から行きやすい魅力的な観光名所が多数存在します。

 

そのため「わざわざ遠くてお金のかかる知床まで行かなくても」と考える人が多く、道民ですら二の足を踏む名所となってしまっているみたいです。

 

 

しかし!!!

 

時間をかけても、お金をかけても行ってみる価値が知床にはあります!
そんな知床の、あまり知られていない魅力に迫りましょう!

 

shiretoko
(出典:shiretoko.asia)

 


  follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加




ホーム プロフィール 旅行 仮想通貨 確定申告